電力自由化におけるデメリットとは何か

電力自由化が始まることで、電力の安定供給が不安定になる可能性がある?

電力自由化とは消費者が電力会社を選べるようになるというメリットがあり、セット割引などのプランが増えることが特徴です。しかしメリットがある一方でデメリットも存在するため、それは主にどういった内容であるか紹介していきます。
1つめに懸念されている内容として、電力自由化が始まることで電力の安定供給が不安定になる可能性があります。今までは各電力会社が平均的に電力を供給していたため、特に大きなトラブルなどが発生することもなかったです。しかしこれが廃止されて自由に電力会社を選べるようになると、1つの会社の電力の供給が集中してしまうことがあります。
これによって配ることが出来る電力の数が足りなくなってしまい、すべての家庭や職場などに供給出来なくなってしまいます。そうなると家庭内の問題だけではなく、公共機関の運転においても多大な影響が出ることがあります。特に通勤や通学時において問題が発生してしまうと、多くの人に対して多大な影響が出てしまうことが懸念されています。公共機関の乗り物が使用出来なくなるだけでも、住民の生活において大混乱を発生させてしまう要因となります。

そのため電力自由化を導入するに至っては、電力会社側において予め十分な電力を確保しておくことが大きな課題となっている点が特徴です。それによって停電などが発生する世帯が出てくる可能性があり、大混乱が発生するということが懸念されています。
過去にカリフォルニアでこの制度が導入されたことによって、実際に大停電という問題が発生しています。そのため日本でも同じことが繰り返さないように、各電力会社では問題解決のために全力で取り組んでいます。

自由化により急激に使用量が増加すると、エネルギーの価格が上昇し最終的に電気料金が値上がりする

そして2つめにおけるデメリットとして、長期化することによって最終的に電気料金が値上がりしてしまう可能性があります。今世界では原油価格が高騰しているという実態があり、火力発電の燃料代も少しずつ上昇しています。その結果発電コストが大きく上昇をしてしまい、最終的に電気料金の値上げという事態になることがあります。
今までは一定の電力のみ配給されていたので、電気料金の値上げについてもすぐに行われることはないです。しかし電力の供給が自由化されることによって、急激に使用量が増加するといった可能性が発生します。そうなると電力というエネルギーの価格が上昇してしまい、電気料金の値上げをしないと対処出来なくなってしまうことがあります。