電力自由化においてサービスの申し込み方法について

申し込みはホームページから確認し、電力会社に契約書類を送付する

電力会社やコンビニなどのお店では電力自由化に向けた取り組が行われており、色んなサービスを提供しているのが特徴となります。そこでこういったサービスに興味を持った場合において、どのようにして申し込みをするのか紹介していきます。
一般的な手順や流れとして、電力を供給しているホームページから申し込みが可能となっています。そこで商品について詳細に説明されていることが多く、どのようなコースやプランなどが用意されているか確認することが可能です。
また手にとって確かめることが出来ない商品であるため、購入をする場合には電力会社に電話で連絡をする必要があります。基本的に契約に必要な書類などを郵送してもらうことが多く、そこに必要事項を記入して再び会社に送るという流れになっています。

自由化に伴い配電盤や電気メーカーなどの新規購入の必要はない

家庭にある配電盤や電気メーカーなどについては、基本的に新しく購入したり用意する必要はないです。そのため設置といった作業も特に必要無いことから、工事費や施工費といった費用がかかることも基本的にないです。しかし電力自由化が正式にスタートするのが2016年4月以降になるので、それより前に申し込みをしても電気を使うことは出来ないです。そのためそれより前の日の対応としては、仮予約という風に考えておくと効率が良くなります。

新しい電力会社を利用する場合、以前の電気会社の契約解除は新しい電気会社が代行で行ってくれる

また以前使用した会社ではなく、新しい電力会社を利用する場合には次の手順となっています。この場合における流れとして、4月より前であれば上記でも触れたとおり仮予約という段階になります。なので確かに電気については使用することは出来ませんが、4月以降になれば使えるようになります。それまでは以前の会社の電気を使うことが出来るため、急に家庭内電気が供給されなくなるといった事態にはならないです。
また新しい会社と契約をする場合においては、消費者が以前の電気会社に対して契約解除を依頼する必要がないです。この作業や契約については、新しい電気会社がサービスの一環として代行で行ってくれる作業となっています。

電気の販売価格は都心部に近くなるほど高くなる傾向

また電気の販売価格についてですが、一般的に都心部に近くなるほど高くなる傾向が強くなります。物価や人件費がかかるといった要因が強くなっており、関西や九州などと比較をすると一部割高となっています。そしていくら電力自由化が導入されるといっても、近くの電力会社からでないと電気を受ける取ることが出来ないという決まりも一つの注意事項となっています。なので都心部に住んでいる場合においては、関西や九州地方で供給されている電気については使うことが出来ないです。