中部電力を例に電力自由化を調べてみた

自由化することによる最大のメリットは電気の価格が安くなること

家電気
ついに2016年4月から電力自由化がスタートします。テレビやインターネットなどのメディアでもその広告を見かける機会が増えてきたように感じます。しかし電力の自由化とはいったい何なのか、具体的に自分たちの生活にどのような影響があるのかをしっかり理解している人の方が少ないのではないでしょうか。かくいう私も全く理解できていない人間の一人です。
そこで今回は中部電力における電力自由化を例にしながらその辺のところを調べ、簡単にまとめてみました。そもそも電力の自由化とはいったい何なのかですが、読んで字のごとく電力の購入先を自由に選ぶことができるようになります。今までは住む地域によって供給してもらう電力会社は自動的に決まっていましたが、この春からはそれを自由に選べるようになるわけです。
例えば今までは東京電力から電気を供給してもらっていた家庭が中部電力、あるいはそれ以外の企業から電気を買うことができるようになります。

私たちにとって電力を自由化することによる最大のメリットはやはり電気の価格が安くなることです。電力が自由化すると今までとは違い電力会社は顧客を獲得する努力をしなければなりません。そのほかの会社に顧客を取られないように、あるいはより多くの新しい顧客を取り込むために消費者のニーズに合わせて割安な料金プランが次々と発表されています。中には携帯電話の通信回線やガスなどとセットで電気を購入することで安くなるようなプランまであるようです。

中部電力は長期契約による割安プランと時間帯別の料金プランを提供

そんな中、中部電力は長期契約による割安プランと時間帯別の料金プランを提供するようです。ここで言う長期契約とは具体的には2年契約のことのようで、この期間ずっと契約をしてくれる家庭には電気の基本料金を少し安くしてくれたり、ポイントによる支払いを可能にしたりといった特典があるようです。
また時間帯ごとに基本料金にメリハリがついているのが後者のプランの特徴で、特に夜の料金が安めになっているようなので朝や昼はあまり家にいないけれど夜は家でたくさん電気を使うという人にはオススメかもしれません。あくまで上にあげた料金プランは大まかな枠組みで、この中でさらに個々のライフスタイルに合わせて電気料金が安くなるようなプランがたくさん用意されています。

電力が自由化するのは知っているけど面倒だから…と思っている人はたくさんいると思いますが、試しに調べてみると思っている以上に月々の電気料金が安くできて驚くのではないでしょうか。各電力会社への申し込みも比較的簡単なので、ぜひ一度検討してみてはいかがでしょうか。