電力自由化に伴う電力会社選び、北陸電力の料金プランについて

自分の好みやその会社の料金プランによって、自由に電力の購入先を決めることができる

コンセント

平成28年の4月から始まる電力自由化、この変化によって家庭の電気料金が大きく変化していくことになります。というのも、これまではその地域によって独占的に電力を供給していた各地域の電力会社、これは電力自由化によって他の電力会社、民間企業も参入できるようになったのです。つまり、自分の好みやその会社の料金プランによって自由に電力の購入先を決めることができるというわけです。

電気料金のより安い電力会社を選んだり、オプションサービスが充実しているところを選んだりと、その選択は様々ですがその内容によっては利用者がより賢く電気を購入するということが可能になるのです。
こうした社会の変化によってさらに激化することが予想される電力会社同士の価格争い、事前にその特徴を把握していくことによって電力会社選択の際の良い判断材料になります。

北陸電力の場合、電力を特に多く消費する季節に節電することで割引が適用されるプランを提示

北陸電力の場合、他の電力会社に比べても安い電気料金が売りとなっています。もちろん、他にもリーズナブルな料金体制を売りにしている電力会社、民間企業はありますが、北陸電力では個別にお得な割引プランも提示されています。
その中でもより注目されているのが、冬季や夏季、電力を特に多く消費する季節に電力節約に協力するとその分だけ割引が適用されるというプランです。基本の電気料金は従来通りであったとしても、この割引が適用されることによってその料金は幾分軽減されます。家電や住宅設備を工夫することによって毎月の電力消費を抑えるだけでなく、それによって電気料金をさらに抑えることも可能になるのですから人によっては非常にお得なプランとなるのです。
特に省エネ住宅など、より環境への負荷に配慮した住宅設備の場合にはその割引が適用される可能性も高まっていきます。もちろん、それぞれのケースで状況はことなってくるでしょうが、こうした省エネ対策に積極的に取り組んでいきたい、それによって電気料金を抑えていきたいという人は是非、チェックしてみると良いでしょう。

環境にも配慮、家計の負担を軽減できる

北陸電力では、節約期間、時間を事前に定めており、その直前の平日5日間での電力消費量と比較してその割引率を決めていきます。つまり、その期間中に使用した電力との差が大きければ大きいほどお得に電力を使用できるようになるということです。こまめな工夫が必要になってくる方法ではありますが、環境にも配慮して、月々の家計の負担を軽減することもできるのですから取り入れていくにこしたことはありません。