電力自由化に向けた関西電力の対策とは

電力自由化とは、電気の小売りが新規事業者でも行えるようになったということ

スマホ

電力自由化は、2016年4月から始まり、新規の電力会社が続々とつくられています。今までは、各地域の特定の電力会社が独占していた電気事業を、新規参入の電気会社も行えるようになったのです。

電力自由化とは、簡単に言えば電気の小売りが新規事業者でも行えるようになったということです。新規の電力会社は、あらゆるサービスを展開して契約を取ろうとしています。そのため、今まで電力事業を独占していた電力会社も新たな対策を打ち出して来ています。その一つが、新規の電力会社との業務提携です。

関西電力とKDDIは業務提携し、お得な通信料の割引サービスが利用できる「auでんき」を販売

関西電力は、KDDIと業務提携を行うことで顧客離れを食い止める対策を打ち出してきました。KDDIの通信事業と関西電力の電気のノウハウを組み合わせることで、今までよりもさらに便利なサービスを行えるようになったのです。
そして、この二つの会社がともに「auでんき」を販売することになったのです。これは、関西電力の供給エリアの範囲内で行う電力事業です。「auでんき」はスマートフォンや携帯、インターネット通信の契約と組み合わせるとお得なセットプランを用意してあります。これは、費用がかさむスマートフォンなどの通信費と電気料金をともに割引サービスで利用できるお得なプランです。

電気事業は戦国時代に突入した

電気料金は、度重なる値上げで家計を圧迫する一つの要素となっています。それが、新規事業者が参入することで一番条件のいい電力会社に乗りかえることができるようになったのです。各地域の電力会社の独占体制がなくなり、顧客が電力会社を選ぶことができるようになりました。
しかし、電気料金がこれまでより安くなるとは言っても、多くの人が新規の電力会社に不安を抱いていることは否めません。そのため、KDDIのように今まで電力を供給してきた大手の会社と提携することで、その問題を解決しようとしているのです。

今まで電力を供給してきた会社との提携なら利用する人も安心です。電力の品質や供給に不安を感じていた人も新たな契約をする人が増えています。通信事業だけでなく、電力事業に参入した会社はほかにも様々にあります。それぞれが独自のサービスを打ち出してきているので、電気事業は戦国時代に突入したといっていいでしょう。予約段階が過ぎ、本格的に事業が始まる頃にはさらに競争は激化することでしょう。これは、消費者にとってはそれだけ電気料金がお得に使えるサービスが増える事になるので歓迎すべきことでもあります。